お出かけスマホ日記


by kmrw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

【長谷寺】修二会『だだおし』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「修二会」人々の罪、過ちをご本尊様に悔し、許して頂けるよう祈願する法会

大和の古寺では、東大寺二月堂お水取り、薬師寺花会式などが有名で、ここ長谷寺では2月8日から7日間に行われています。

そして、長谷寺の修二会の締めくくりとして、2月14日、無病息災、厄除け開運を祈願するのが『だだおし』の儀式、追儺会です。
d0277422_2323020.jpg









長谷寺は、四季折々の花に出会えるので、好きなお寺です。

今は冬牡丹が咲いてました♪
d0277422_23232313.jpg







登廊を上り、本堂に着くと法要が始まるまで2時間以上もあるのに、すでに多くのカメラオヤジ達が外舞台上に、、、

山の中腹になるので、ここでずっと待つのは風が冷たくとても厳しいですよ。。。





3時頃から法要が始まります。

本坊から僧侶、職衆が出発し本堂に向かわれ悔過法要
d0277422_23234832.jpg

次に化主、六人衆が本堂に向かわれ本法要

本堂内に赤鬼、青鬼、緑鬼が現れ、僧侶さん達が牛玉の御札を持ち追いかけ、祭壇を3周すると、御札の力によって鬼たちは回廊に追い出されます。

さぁ、クライマックスのだだおし、、、といきたい所ですが、堂内の信者、参拝者の額・牛玉札に宝印の加持が終わってからです。。。

今年は大人数のようで、また急病人も出たようで始まるのが予定より遅くなってました。





太鼓、法螺貝ブホー、ブホーとなるなか、

堂外に追い出された鬼は男衆と共に大松明を担ぎ・・・

まずは青鬼が左回りに、続いて緑鬼が右回りに本堂を3周


d0277422_23242487.jpg

スマホでは、激しい動きはうまく撮れません(´・ω・`)
d0277422_23245273.jpg



d0277422_2325512.jpg

大松明は長さ約4.5メートル、重さ約120キロという巨大なもの。

狭い回廊を左右に揺られ通り過ぎるので、一番前に居ると熱さに、火の粉が降り注ぐので、おおお~~(◎-◎;)と仰け反ってしまいます。





青鬼、緑鬼が退くと赤鬼!!

d0277422_23254087.jpg

赤鬼はとても大きい面で迫力あり、動きも迫力あった~《*≧∀≦》




赤鬼も3周して退くのですが、何故かもう1周します~だって!! ラッキー♪

ラッキーにも一番前で拝見できたし、ギャーギャーと楽しかった(⌒‐⌒)♪



松明の燃え残った炭は、無病息災、家内安全になるとされ、棒状になったものは奪いあいでした。

私も少し欠片を持ち帰って来ました。







とても賑わった『だだおし』はすぐに静けさを戻し、
d0277422_23261239.jpg

日が暮れ、一段と引き締まった空気が周りを包む。
d0277422_23263462.jpg

ご本尊の十一面観世音菩薩は十メートル余りの大きさです。

近くで見ると圧倒されますが、何か優しいものに包まれた感じにも、、、






すっかり闇に包まれ、回廊を下りて長谷寺を後にしました…
d0277422_2327394.jpg







『だだおし』は、大和の地に春を呼ぶ一大火祭りである。
真言宗豊山派総本山 大和國 長谷寺

d0277422_23274930.jpg




春を告げる花、福寿草もいっぱい咲いてました♪
d0277422_23272340.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kmrw | 2015-02-15 21:17 | 奈良